痛くない脱毛サロンを選んでみる

一昔前の脱毛というと、傷みや肌トラブルを伴うことで、敬遠されがちでした。
しかし、最近のサロンは、痛くない・安全な光脱毛などを利用するお店が増えています。

光脱毛のメリットとしては、他の脱毛方法にくらべて痛くないとう点です。
レーザーやニードルなどの方法にくらべても、肌への負担が少ないので、
刺激に弱い人でも比較的傷みを感じずに利用できるという声が多く聞かれます。
施術費用も比較的安く設定されています。両ワキ脱毛まとめを見てもらうと初回が
かなりリーズナブルだとわかることでしょう。価格見てどう思われますか?高いですかやすいですか?
感覚は人それぞれでしょうがこれで高いと感じる場合はサロンは諦めたほうが良いかもしれません。

光脱毛は永久脱毛をおこなうことはできないので、
一定期間がたつと効果が薄れてくる可能性が高いですが、
一回ごとのコストが安くすむので、主に若い世代から人気を集めています。

毛穴を引き締める効果

また、照射される光をあてる方法には、毛穴の引き締め効果があるといわれています。
サロンでは施術後に冷却時間をおくなどのケアもしてくれるので、
肌に優しい施術方法になります。

短時間でおこなえるので、ワキなどの狭い範囲の場合は、
一回10分~15分程度で脱毛を行うことができます。

仕事帰りや、休憩の時間などの短い時間でも通うことができるので、
忙しい女性にもピッタリです。

最大のメリットといっても良いのが、レーザーなどの方法にくらべて、
低出力で効果が出るので、肌トラブルが起きる可能性が低く、安全に行えるという点です。
後になって赤みがでたり、傷みが増したりというトラブルの発生もほとんどないため、
初めて脱毛をする方でも、安心して利用することができます。

光脱毛トラブル

ありがちな光脱毛トラブルとは

光脱毛は、レーザー脱毛に比べて施術時の出力が弱いので、
産毛にはなんど施術しても効果がえられないというのは、よくある光脱毛トラブルの1つです。

黒くて太い毛に対しては効き目がハッキリとあるのですが、
産毛に対しては、レーザーに比べるとどうしても反応が弱くなってしまい、
脱毛効果が得にくくなってしまいます。

トラブルというよりは単なるデメリットかもしれませんが、
産毛に対して効果が薄いことが契約時に明確になっていない場合だと、問題になってしまいます。

軽い火傷状態になってしまうケースも

他にありがちな光脱毛トラブルは、肌に対して必要以上に照射時のパワーを上げてしまい、
軽い火傷状態になってしまったりすることです。

この場合、エステサロンでは治療ができないので、提携のクリニックへ行くことになるのですが、
すぐに見てもらえるとは限らないので、その間に症状が悪化してしまうこともあります。
ただ、、熱を加えて毛根を壊していく以脱毛していく以上、
同じようなトラブルはレーザー脱毛でも起こりうることです。

トラブルやデメリットをよく理解しておく

基本的にはレーザー脱毛ほどのパワーはなく、
肌への刺激は弱めで光脱毛トラブルは起こりにくくなってはいるのですが、
契約時にメリットだけでなくデメリットもきっちりと説明をしてもらっておく方がいいでしょう。

可能であれば、光脱毛トラブルを未然に防ぐためにも、契約前にパッチテストを受けて、
効果がありそうかどうか、肌へ刺激がつよすぎないかどうかを試しておくといいでしょう。